ページ内移動リンク


鳴るほど♪楽器解体全書
大正琴&ヴィオリラ第2回
ヴィオリラの構造と歴史
弓でも指でもピックでも
弓でも指でもピックでも

前回紹介した大正琴を基にしてつくったヤマハ生まれの新しい弦楽器、それがヴィオリラです。開発期の様子を良く知っている設計担当の生熊正広(いくま まさひろ)さんに、その特徴や魅力について聞いてみました。かなり個性的で自由度の高い楽器のようですよ。

このページに掲載されている情報は2005年11月現在のものです。

TOPICS
大正琴とどう違う? 【家では静かに、ステージでは華やかに】
ヴィオリラの名前の由来 【バイオリン気分で】
第1回へ
第3回へ
掲載楽器一覧へ
  大正琴とどう違う?
 
生熊正広さん写真
生熊 正広さん
新しい発想の弦楽器、ヴィオリラを仲間と協力して開発

♪ヴィオリラは、大正琴とそっくりに見えますが…

「いろいろ違いがあるんですよ。まず、胴体は空洞ではなく、厚い一枚板を使ったソリッドタイプです。大正琴がエレクトリックアコースティックギターだとすると、ヴィオリラはエレキギターのソリッド・ギターみたいな感じです。共鳴が少ないのでそのまま弾くと演奏音は小さく、電磁マイクで弦の音を拾えばヘッドフォンを使って好きな音量で演奏が楽しめます。大きな音量にしたい場合はアンプにつなげば良く、CDやMDのプレイヤーと接続して競演することもできます。音質のコントロールや、リバーブの切り替えもできるんですよ」
 
天板と音階ボタンを外すと、一枚板のボディにフレット板がある状態に。ボディ下側には電子回路が入っている 天板と音階ボタンを外すと、一枚板のボディにフレット板がある状態に。ボディ下側には電子回路が入っている
天板と音階ボタンを外すと、一枚板のボディにフレット板がある状態に。ボディ下側には電子回路が入っている
 

♪音質やリバーブ?

「音質については低音を強調して音色をやわらかくしたり、高音を強調して音色を明るくはっきりさせることができます。リバーブは残響のことで、演奏ホールで、またもっと広いホールで弾いているような残響が得られます。
音階ボタンの数や配置は大正琴とほぼ同じです。ただ、弦巻きの数は4つ。弦は6本もなく、最大で4本です」
 

♪4本の弦はどんな関係ですか?

「何もボタンを押さない開放弦の状態なら4本ともソの音です。ただし第1弦から第3弦は細弦でソプラノのソ、第4弦は少し太い細巻弦でそれより1オクターブ低いアルトのソです。大正琴の第5弦と第6弦がない状態ですね」

♪1本だけ低いんですね

「はい。ただ、これが決まりではないんです。曲想やアンサンブルの編成によって、弦の数や種類を変えて別の音域・音色に変えられます。ソプラノ3本だけにして高く澄んだ音を出したり、アルトを2本張って落ち着きのある柔らかな音にもできるんですよ」
ヴィオリラの弦
上側の第1弦から第3弦は細弦、手前の第4弦だけ細巻弦
 
※各名称にカーソルをのせてみてください
▲【ヴィオリラの各部の名称】を表示するためには、最新のフラッシュプレーヤーが必要です。
 
低音を受け持つヴィオリラ ベース
低音を受け持つヴィオリラ ベース
「ヴィオリラでのアンサンブルがより楽しめるように、太い弦を1本だけ張った低音のヴィオリラベースも揃(そろ)えています。こちらも張る弦の太さによって、ベースかテナーの音域が弾けます」
  ヴィオリラ&ヴィオリラ ベースの音域
ページTOPへ
  ヴィオリラの名前の由来
  「大正琴とヴィオリラでは構造の違い以上に、奏法のバリエーションの豊かさが違います。弦楽器には弦を弓で擦(こす)って音を出す擦弦楽器(さつげんがっき)があり、これを中世から18世紀にはヴィオール(Viol)族と呼んでいました。バイオリンや二胡(にこ)もこの仲間で、音が鳴り続ける持続音が出せます」

♪弦を擦る仲間がヴィオール!

「はい。そして弦をはじいて音を出す撥弦楽器(はつげんがっき)もあります。古代ギリシャ地方では竪琴(たてごと)のことをリラまたはライヤー(Lyre)と呼んでいました。ギターやウッドベースはこの仲間です。音は、弦をはじいた瞬間は大きくてその後どんどん小さくなる減衰音(げんすいおん)です」

♪弦をはじく仲間がリラなんですね

「ヴィオリラ(Violyre)という名前は、このヴィオールとリラを合体した造語で、擦ることもはじくことも、どちらも楽しめる一台ということから命名しました。弓を使ったり、ピックでかき鳴らしたり、さらにはスティックなどを使って弦を打つこともできます。世界中の様々な弦楽器の楽しみを一台で手軽に体感できるのがヴィオリラの特長です。演奏を少しだけお聴かせしましょうか。ヤマハミュージック東海の浜松店でヴィオリラを指導している見崎ゆかりさんに来ていただいています」

♪よろしくお願いします!

 
見崎ゆかりさん写真
見崎 ゆかりさん
ヴィオリラの先生になりたい人に指導する、先生の先生
「まずは弓で弾いてみましょう。足の位置は左よりも右を後ろに引いて立ちます。弓は上から見た時は楽器に対して垂直に、横から見た時は斜めに持ちます。ヴイオリラのボディには手前と向こうに凹みがあるので、そこを弓が通るようにします。平らでも鳴りますが、斜めの方がよく鳴るんですよ」

♪優雅な音ですね

「そうですよね。元々はチェロの曲で、調も変えて弾きました。左手の指を左右に細かく震わせてビブラートにしています」
▲上記を視聴するためには、最新のフラッシュプレーヤーが必要です。
 

♪あれ、よく見たら弦は2本!

「奥にソプラノの弦を、手前にアルトの弦を張ってあります。本数は好みによるので、1本の人もいれば3本の人もいるんですよ。弦が少ない方が音はクリアになりますね。
続いて、弦をはじく演奏を紹介しましょう。まず、ピックではじく場合は右手を楽器に置き、手首を支点にして回すように動かします。この時、左足よりも右足を前に出して構えます。次に指ではじく場合。親指を立てて人差し指と中指のツーフィンガーで弾いたり、人によっては親指で弾きます」
 
▲上記を視聴するためには、最新のフラッシュプレーヤーが必要です。
 

♪弓も良かったですが、はじくのも良い感じ

「今度はスティックで叩(たた)いてみます。叩く物によって音色がすごく変わるので、みなさん、ほしい音色の鳴る物を探すんですよ。お箸(はし)の先を持って太い方で叩くとか、洋琴(ようきん)のスティックとか、中には自分でつくる人もいます」

♪本当にいろんな音が出せるんですね

「ヴィオリラより低音域のヴィオリラベースでは、弓で弾くとコントラバスのような演奏が、指ではじくとエレキベースのような演奏ができます。こちらも聴いてみてください」
▲上記を視聴するためには、最新のフラッシュプレーヤーが必要です。
 
▲上記を視聴するためには、最新のフラッシュプレーヤーが必要です。
 

♪ベースも素敵! ヴィオリラの魅力は何でしょう

「音程が揺れる楽器なので表現力があり、弾けば弾くほど気持ち良い音が出せるようになること。それに木でできているので年月が経つと弾く人の音に変わり、弾きやすくなること。弓を持つのが初めてでも、バイオリンやチェロのような演奏が手軽にできるようになるのも魅力ですね。ピアノやエレクトーンに伴奏してもらったり、トランペットやフルートと合わせたり、琴やギターとストリングスアンサンブルも楽しめるんですよ」

♪とっても自由度の高い楽器なんですね

  カラオケで流行の曲を選んで
ボーカルの代わりにヴィオリラでソロを弾くと
良い気分なんですって。
ジャズでもクラシックでも、
いろんなジャンルの音楽が楽しめそうです!
第1回へ 第3回へ 掲載楽器一覧へ
ページTOPへ
  ものしりエピソード
    ヤマハ製品ページ/大正琴
ヤマハ製品ページ/ヴィオリラ
サクサクFAQ
  おんがくういくりへ

ページの先頭にもどる